FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

アダプテーション魂の旅 in スウェーデン・イエテボリ vol3

こんにちは Ai・wel のマガリヤマです


三日連続の ブログ更新です♪


このペースで 7月からの 2012年の後半は加速していきたいです



イエテボリ滞在 3日目は


6月6日 スウェーデンの国民の祝日で auto-adapt 社もお休みと言う事が


事前に伝えられていました




今回日本から一緒に来た CAZ(日本人です)が事前に


ブログやFB等で イエテボリに留学している日本人大学生と


連絡を取り合っていて この6月6日に会えるように だんどってくれてました


さすが”CAZ”(日本人です)




ゴシアタワーホテルの1階の カフェで 約2時間ほど


スウェーデンの障害者(障害児)・高齢者の福祉について


公的なサポートや国民の意識の日本との違いや


その歴史的背景など ディスカッションさせてもらいました


そこで 


 「いくら スウェーデンのシステムだけをとりいれてもダメで


 大事なのは 国民の意識や考え方が 


 障害者(障害児)・高齢者も含めた弱者を自然にサポートできるように


 ならなければならないよね」  「いっしょに がんばろう!」


と 約束をして 昼食後 別れました  (イエテボリ大学に留学している2名の大学生ありがとう!)




夕食の時間まで フリータイムとなり スーパーマケットや


ショッピングモールなど 歩いて散策しました


後でスマホの万歩計を見たら 20,000歩以上歩いてました


ずっと 運動不足だったので  良い 運動になりました




DSC_0216.jpg 

イエテボリ駅の ロータリーにある オブジェです

スウェーデン版 「見ザル 言わザル 聞かザル」





DSC_0238.jpg 

スパーマケット内の グミやキャンディーの量り売り

手前から 奥まで 全部です




DSC_0239.jpg 

その中で この 歯ぐきグミが 目に入り

約 300g 買っちゃいました


ちなみに

とても美味しかったので 後日また来て 700g 買っちゃいました




  



  続きは


  
 アダプテーション魂の旅 in スウェーデン・イエテボリ vol4 にて
  



  



facebookへ のリンクも下に貼りました


是非 「いいね」を ポチっとお願いします♪


Ai・wel の facebook のページ 
   Facebook2.png

Ai・wel のホームページ 
http://www.294kuruma.com

Auto-adapt社(スウェーデン)の製品の
日本国代理店専用ホームページ
http://www.driving-aids.jp/    



 
 

 

 




スポンサーサイト
福祉車両研修  | 【2012-06-30(Sat) 08:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

アダプテーション魂の旅 in スウェーデン・イエテボリ vol2

前回に引き続き 


アダプテーション魂の旅 in スウェーデン・イエテボリ vol2です



2日目は 午前中に 3つのワークショップがありました


10時前に coffee break があったのですが


ちょっと小腹がすいたので・・・・ といった具合で食べる大きさのものではなく


「これ食ったら 腹いっぱいだろ」 と突っ込みたくなるような大きさの


デザートを諸外国の方々は 食べていました


恐るべし・・・  さすがに 私は飲み物だけにしておきました



DSC_0186.jpg 
シートやシートベルトの安全性を試験する装置です  ♪


DSC_0183.jpg 
その他 たくさんの 安全試験を行う 部屋です ♪



DSC_0187.jpg 


DSC_0228.jpg 

この マークが物語っているとおり ”安全”というのが

強調されていました

  「普段使用するときの 安全」

  「万が一の時の 安全」

  「製品をつける時の 安全」

「この3つの安全が 商品開発時に 忘れてはいけない事です」と言う事を

担当スタッフが説明してくれました





DSC_0190.jpg

Lunchをはさんで


パネルディスカッション(参加者とauto-Adapt社の各担当責任者)を行い


最後に 真っ赤なアウディで トップのピーターが 入場してきました


スピーチの入場まで こんな演出があるとは・・・・


さすがです 






JURNY TO THE FUTURE partⅢ の最後の夜は


イエテボリの港から無人島へ チャーター船で行き パーティーをしました


初めて参加した 私達は どこに連れて行かれるのかわからず 


船に揺られること2時間以上

DSC_0192.jpg 


船の上でも パーティーへ向けての 演出があり


無人島へ到着です  


到着すると すでにパイレーツの格好に変装した


auto-Adapt社のスタッフが 待っていました



そして


私達も 全員 パイレーツ姿に変装し 顔も靴墨を塗り


パイレーツパーティーがスタートです


DSC_0194.jpg 

 


DSC_0204.jpg 




DSC_0198.jpg 




DSC_0207.jpg 



この無人島についたのが だいたい18時過ぎ


そこから約6時間 食べて 飲んで 踊っての パーティーでした


トップのピーターが先頭になって 飲んで 踊って 楽しんでました


それにつられ 他のスタッフや世界各地から来ている 参加者も


汗だくになって 踊っていました   



ちなみに


ホテル戻り ベッドに入ったのは 午前3時ごろです 



この2日間の auto-Adapt社の もてなし方は


私達も 見習わなければいけないと 強く感じました


トップが先頭になって 楽しんで場を盛り上げて


沢山の演出で もてなす


「日本のおもてなし」とは また一味ちがう 「スウェーデンのおもてなし」を


体験させてもらいました  こういうところから 「アダプテーション魂」が生まれてくるのだと・・・



 続きは

  
 アダプテーション魂の旅 in スウェーデン・イエテボリ vol3で
 






facebookへ のリンクも下に貼りました


是非 「いいね」を ポチっとお願いします♪


Ai・wel の facebook のページ 
   Facebook2.png

Ai・wel のホームページ 
http://www.294kuruma.com

Auto-adapt社(スウェーデン)の製品の
日本国代理店専用ホームページ
http://www.driving-aids.jp/    



 
 

 

 




はじめに | 【2012-06-29(Fri) 08:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

アダプテーション魂の旅 in スウェーデン・イエテボリ vol1

こんにちは Ai・wel のマガリヤマです

今回は ”アダプテーション魂の旅”をおおくりします


実は6月3日~10日までの1週間

2年ぶりに スウェーデンのイエテボリにある auto-Adapt社へ行ってきました


今回も 成田空港-コペンハーゲン空港経由-イエテボリ空港 という経路での旅です

私の他に 日本から5名の参加で かなり熱い旅になりました

ちなみに 今回は世界各国から auto-Adapt社のディーラが集まって

新商品の紹介や8つのワークショップでの研修が行われました

その名も

”JOURNEY  TO THE  FUTURE part Ⅲ "

今回で3回目です(私達日本からは初めての参加です) 



DSC_0163.jpg 

イエテボリ空港で最初に出迎えてくれたのは

volvo社の大きな看板と volvoでした



DSC_0166.jpg 

「アダプテーション魂inスウェーデン」の宿泊地になった

”ゴシア タワー ホテル”です イエテボリで1番の高層ビルです

道路を挟んで 反対側には 遊園地の ”リサ ベリ” があり

夏休みを利用した 子供連れの家族が 沢山宿泊してました

 
全ての”JOURNEY  TO THE  FUTURE part Ⅲ "の参加者は

このホテルに宿泊していました 



ホテルにチェックイン後

夕食をとるために 街へ出かけて パスタとピッツァを

食べたのですが 日本時間の夜中の1時ぐらいに食べたため

最終日まで 胃薬が離せませんでした



福祉車両 スウェーデン研修1-2 


DSC_0170.jpg 


DSC_0175.jpg 


翌朝 チャーターバスで ホテルからauto-Adapt社へ向かいました

auto-adapt社のスタッフのほぼ全員と 握手をし会場へ入りました


ここで

スタッフが 寸劇を見せてくれるのですが

製品の 説明ではなく

「この製品を使うと このような生活が創造できる可能性があります」というように

あくまでも 人間からの視点でつくられた 寸劇でした

台詞はほとんどなく 無声映画のように 身体や顔の表情のみの演出ですが

何を言いたいかというのが とても伝わってきました




DSC_0181.jpg 
auto-Adapt社の日本担当 ヨナスと私(同い年です)



DSC_0180.jpg 
auto-Adapt社の テクニカル担当 ヤルコと私(同い年です)



DSC_0182.jpg 


初日の夜は ”ゴシア タワー ホテル” に戻り

パーティーが行われました

とても 盛大な パーティーで あっという間に時間が

過ぎてしまいました


パーティー終了後

ヨナスに「go to heaven」と

言われましたが ”heaven”(天国)に行くほど 飲まされてしまうと思い

へたれな 「私は 今夜は部屋で 休みたい」と断ってしまいました・・・

翌朝 エレベーターの 最上階の表示を見ると

”HEAVEN” と書いてあり ヨナスが言った意味が

「heavenに飲みに行こうぜ~」だった事に 気づいたのです


  続きは 後日

  アダプテーション魂の旅 in スウェーデン・イエテボリ vol2 で・・・





facebookへ のリンクも下に貼りました


是非 「いいね」を ポチっとお願いします♪


Ai・wel の facebook のページ 
   Facebook2.png

Ai・wel のホームページ 
http://www.294kuruma.com

Auto-adapt社(スウェーデン)の製品の
日本国代理店専用ホームページ
http://www.driving-aids.jp/    



 
 

 

 




福祉車両研修  | 【2012-06-28(Thu) 16:44:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 福祉車両 あい・うぇる ブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   

PING送信プラス by SEO対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。