FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

DTS ドライバーテストステーション

こんにちは♪

前回お話したとおり 先月末に開催された

HCR国際福祉機器展へ説明スタッフとして

行ってきました~



9月26日~28日までの3日間でしたが

準備のお手伝いもかねて前日の25日に

上京しました



HCRのお話は後日させたいただきます



今日は

HCRのブースにも展示した

DTS ドライバーテストステーションのお話をします



ます下の画像を見てください♪



3枚目の画像の下にカタログから抜粋した

簡単な説明を記載しました




 DTS ドライバーテストステーション201210-1



DTS ドライバーテストステーション201210-2 



DTS ドライバーテストステーション201210-3 


以下カタログからの抜粋です

 DTS (ドライバーテストステーション) は

 運転に必要な筋力、反射能力、適応性などを数値化することによって
 
 自動車の運転の可否必要なアダプテーションのデザインを具体的に示す
 
 オートアダプトが提示する、全く新しい形のテストステーションです。
 
 もし、いくつかのテスト結果が低くても、それが運転できないということに
 
 直接つながるわけではありません。
 
 一人ひとりにあった、アダプテーションを見つければ良いのです





クルマの運転に必要な基本的動作と言えば

1、走る(アクセルを踏む)

2、曲がる(ハンドルを回す)

3、止まる(ブレーキを踏む)

この3つがあげられますよね


それらの動作を

① 操作力テスト
  a 右足・左足でブレーキペダルを踏んだ時の最大値
  b   手動運転装置(アクセル側・ブレーキ側)を右手・左手で操作した時の最大値
  c  片手でハンドルを回した時の最大値

② タイマーテスト
          アクセルペダルを踏む(手動運転装置を手前に引く)とストップウォッチがスタートします
     すばやくブレーキペダルを踏む(手動運転装置を押す)とストップウォッチが止まります
    この数値が短ければ良い反応であるということになります

③ 反応速度テスト
     a   緊急ブレーキテスト ペダルや手動運転装置を使い画面の信号が赤に変わった時の
                  反応速度をテストします
    
  b 6点反応テスト    異なる手動運転装置やペダルをすばやく操作する能力をテストします
                 同時に画面上のどこで何が起きているかを、どの程度気づくかもテストします
                 (一種の周辺視野テスト)

                 比較的長い時間にわたって被験者が緊張状態にあるため
                 それに対処できるかどうかも判断できます

   
これらのテストにより被験者が

運転動作のなかで 何ができて(得意) 何が出来ない(不得意)かを確認することができます

つまり テストの結果に応じて 足りないものを リハビリや装置で補っていく

つまりアダプテーションの根拠となるのです


また

運転動作のテスト結果が 著しく悪い場合には クルマの運転を

あきらめていただく きっかけにもなるのです



ここからは

希望的観測ですが このDTSとリハ室で行う数種類の認知機能テスト

教習所や運転免許センターでの実車走行テストを連携させて

障害者やお年寄りだけでなく すべての運転免許保有者の

運転能力を数年ごとに確認するしくみがつくれれば

交通事故は 確実に減少すると 思います





facebookへ のリンクも下に貼りました


是非 「いいね」を ポチっとお願いします♪


Ai・wel の facebook のページ 
   Facebook2.png

Ai・wel のホームページ 
http://www.294kuruma.com

Auto-adapt社(スウェーデン)の製品の
日本国代理店専用ホームページ
http://www.driving-aids.jp/    



 
 

 

 




スポンサーサイト
イベント | 【2012-10-04(Thu) 11:57:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

HCR 第39回国際福祉機器展 2012/9/26~28

今月の最終週に 「東京ビックサイト」にて HCR(国際福祉機器展)が開催されます

例年、見学に訪れていましたが

今年は出展者側のスタッフとして3日間 

対応させていただきます

()オフィス清水 出展ブース番号 6-19-04



HCRはがき 


運転席には

「手動運転装置」 だけでなく

電動リクライニング機能付きの「レカロシート」を装着した 「回転昇降シートのターニーEvo]

そして 「車いす収納装置」


助手席には

座席が 簡単に車いすになる 「カロニー クラシック」 

これは「車いすとクルマのシートの移乗がいらない」という便利なものです


その他

ワンボックスやミニバンへ取り付けられる 汎用性の高い

「電動補助ステップ」や

機能だけでなくデザイン性も考えている

フィオレラ(イタリア)製の「車イス昇降リフト」を展示する予定です



そして最後にもうひとつ

 「DTS」・・・・ドライビング・テスト・ステーション

このDTSについては 後日詳しく 書かせていただきます 









facebookへ のリンクも下に貼りました


是非 「いいね」を ポチっとお願いします♪


Ai・wel の facebook のページ 
   Facebook2.png

Ai・wel のホームページ 
http://www.294kuruma.com

Auto-adapt社(スウェーデン)の製品の
日本国代理店専用ホームページ
http://www.driving-aids.jp/    



 
 

 

 




イベント | 【2012-09-11(Tue) 18:28:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

パラリンピック2012 in ロンドン

こんにちは

2012年のロンドンオリンピックも たくさんのドラマが生まれています

オリンピック終了後には パラリンピックが開かれますね



今日は イギリスの公共放送局がつくった

パラリンピックのCMを紹介します

もうすでに ネット上で話題になっており見ている方もいると思いますが ・・・ ^^



[広告] VPS



どうですか?

素直に カッコイイですよね

日本のメディアも そろそろ パラリンピックの扱い方を変えなくては

いけませんよね~



生活でも競技でも ”足りないものを 何らかの方法で補う”

健常者だろうが障害者だろうが 関係なく

1人の アスリートなんですよね






 この動画のメッセージコピーは

  「”強さ”について自分が知っていると思ってたことは 全て忘れろ」

  「”人”について自分が知っていると思っていたことは 全て忘れろ」

  「戦いの時は来た」

  「スーパーヒューマンを目撃せよ」





facebookへ のリンクも下に貼りました


是非 「いいね」を ポチっとお願いします♪


Ai・wel の facebook のページ 
   Facebook2.png

Ai・wel のホームページ 
http://www.294kuruma.com



CM | 【2012-08-11(Sat) 11:51:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

自動車運転再開と介助者も含めた安全な自動車での移動

こんにちは Ai・wel の曲山です♪

先日、福祉車両の勉強会を開催させていただきました


その 報告を少しさせていただきます



P1000886.jpg


テーマ 「自動車運転再開と介助者も含めた安全な自動車での移動」



日時  平成24年7月6日(金)  18時45分~20時

場所  社会福祉法人 秀公会 あづま脳神経外科病院

参加者 福島県作業療法士会 県北支部  約50名


当社スタッフ
 曲山安宏  高橋才貴  櫻井佳哉



デモ車両(
 本人運転 ① (パッソ)
   「手動運転装置(MENOX)+旋回グリップ+手動サイドブレーキ+移乗サポートシート+アシストグリップ」

 本人運転   ② (スターレット)
   「左アクセル(跳ね上げタイプ)+旋回グリップ+アシストグリップ」

 介助        ① (パッソ)
   「カロニーevo =ターンアウト(助手席回転シート)+チルダ(チルティング機構)+カロニー16インチ(車いすベース)
 
 旋回グリップ カットモデル (3pin・2pin等含む)



時間内訳
 資料説明(15分) デモ車説明(60分)



 今回は上記テーマを軸とし、機能説明だけでなく過去の実例(ユーザーの身体状況や介助力等)を

混ぜながら説明をしました。


 配布資料(パワーポイント30ページ分)は、清水さんに研修していただいた資料をベースに

プラスαで「脳卒中患者が実際に運転を再開するまでの課題を含めたフローチャート」「ユーザ ーを取巻く環境

(その中での医療従事者の役割)」「当社の役割(医療従事者との連携や自動車メ ーカー・ディーラーとの違い)」等。



限られた時間の中での勉強会でしたので、1から10まで全てを説明するのではなく要点を

簡略に説明し、さらに詳しく話が聞きたい場合や資料がほしい場合は個別対応ということにしま した

結果、今まで接触の無かった複数病院のセラピストが個別対応を希望され現在フォロ ー中です



まとめ

 実際の患者さんをイメージしながら質問されるセラピストが多く、熱気のある勉強会になりました

 今後も更に1人でも多くの同志を増やす事が自分たちの今後の使命です






facebookへ のリンクも下に貼りました


是非 「いいね」を ポチっとお願いします♪


Ai・wel の facebook のページ 
   Facebook2.png

Ai・wel のホームページ 
http://www.294kuruma.com

Auto-adapt社(スウェーデン)の製品の
日本国代理店専用ホームページ
http://www.driving-aids.jp/    



 
 

 

 




“自動車運転再開と介助者も含めた安全な自動車での移動”の続きを読む>>
はじめに | 【2012-07-13(Fri) 11:39:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

THE PIRATE BAY NIGHT 海賊パーティー

こんにちは  Ai・wel の マガリヤマです ^^


今日は アダプテーション魂 の番外編として 


”THE PIRATE BAY NIGHT   海賊パーティー ” を お伝えします♪




auto adapt 社(スウェーデン)の ディーラー会議の締めくくりとして行われた  

THE PIRATE BAY NIGHT

はじめて参加する 私達は 驚きの連続でした



クルージング中に いきなり 海賊たちに 船を占拠され


無人島に 連れて行かれたのです


DSC00231.jpg 


DSC00245.jpg 


DSC00256.jpg 





無人島に 到着すると

海賊衣裳に 着替えさせられました

これで

海賊の仲間入りです ^^



P1000948.jpg 




金貨と食事が 並んでます

DSC00278.jpg 



豚の丸焼きも 始めて見ました


DSC00279.jpg 





食事が終わると ダンスタイムです!

車いす海賊が女海賊を 抱きかかえ 踊っています!

その姿が かっこいいんですよ~


040.jpg 



この夜のために 作られた


THE PIRATE BAY NIGHT Tシャツ!

凝ってますよね~

DSC00673.jpg 



先ほどの 金貨も  実は


auto adapt  社の マークが入った 特別な金貨で

中身は チョコレトなんです



おもてなしの心

そして こんなところにも ”アダプテーション魂”が しっかり入ってました







facebookへ のリンクも下に貼りました


是非 「いいね」を ポチっとお願いします♪


Ai・wel の facebook のページ 
   Facebook2.png

Ai・wel のホームページ 
http://www.294kuruma.com

Auto-adapt社(スウェーデン)の製品の
日本国代理店専用ホームページ
http://www.driving-aids.jp/    



 
 

 

 




“THE PIRATE BAY NIGHT 海賊パーティー ”の続きを読む>>
福祉車両研修  | 【2012-07-05(Thu) 16:29:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

アダプテーション魂の旅 in スウェーデン・イエテボリ 最終章

こんにちは Ai・wel のマガリヤマです♪


スウェーデン研修の 報告も今回で最後になります


「アダプテーション魂の旅 in スウェーデン・イエテボリ 最終章」




”JURNEY TO THE FUTURE  partⅢ” に参加された諸外国の方々は

前半の2日間で帰国されました

日本から行った私達は こちらの希望とauto-Adapt社の好意により

丸二日間の 研修を受けさせていただけました



参加した6人中3人は 初めての研修だったので

製造工程から 出荷倉庫等 会社全体の案内もしていただきました

製造スタッフも生き生きして 誇りを持って仕事をしているのが

前回同様 感じられました



DSC_0232.jpg  





DSC_0231.jpg 




2日間の研修では ヨナスとヤルコが担当です

二人が 共通して話してくれたのは



 「製品の概念を しっかり理解したうえで 本人の身体状況や

 サポート(介助)の度合いを確認して カスタマーと話をすること!」



ということでした  今回の研修で 1番心に響いた 言葉です!



私が 個人的にうらやましいというか 将来自分の店でも

導入したいのが 「シーティングルーム」です



DSC_0220.jpg 





DSC_0225.jpg 





DSC_0224.jpg



このように たくさんの シートや座位保持のための パーツがそろっていて

デモカーで 体感してもらった後に シーティングをするそうです

どうしても 合わない場合は 社内のシート職人の出番となるそうで

このシート職人さんが すばらしいということでした

営業スタッフが どんなに下手な落書きのような 絵というか図を

持ってきても しっかりカスタマーの希望どおりのシートが出来あがります




最後に

reha  mobility  の為の アダプテーション魂 ”

 「製品の概念を しっかり理解したうえで 本人の身体状況や

 サポート(介助)の度合いを確認して カスタマーと話をすること!」

この事を 潜在意識まですりこんで

活動していきます!♪




facebookへ のリンクも下に貼りました


是非 「いいね」を ポチっとお願いします♪


Ai・wel の facebook のページ 
   Facebook2.png

Ai・wel のホームページ 
http://www.294kuruma.com

Auto-adapt社(スウェーデン)の製品の
日本国代理店専用ホームページ
http://www.driving-aids.jp/    



 
 

 

 




福祉車両研修  | 【2012-07-03(Tue) 08:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

アダプテーション魂の旅 in スウェーデン・イエテボリ vol3

こんにちは Ai・wel のマガリヤマです


三日連続の ブログ更新です♪


このペースで 7月からの 2012年の後半は加速していきたいです



イエテボリ滞在 3日目は


6月6日 スウェーデンの国民の祝日で auto-adapt 社もお休みと言う事が


事前に伝えられていました




今回日本から一緒に来た CAZ(日本人です)が事前に


ブログやFB等で イエテボリに留学している日本人大学生と


連絡を取り合っていて この6月6日に会えるように だんどってくれてました


さすが”CAZ”(日本人です)




ゴシアタワーホテルの1階の カフェで 約2時間ほど


スウェーデンの障害者(障害児)・高齢者の福祉について


公的なサポートや国民の意識の日本との違いや


その歴史的背景など ディスカッションさせてもらいました


そこで 


 「いくら スウェーデンのシステムだけをとりいれてもダメで


 大事なのは 国民の意識や考え方が 


 障害者(障害児)・高齢者も含めた弱者を自然にサポートできるように


 ならなければならないよね」  「いっしょに がんばろう!」


と 約束をして 昼食後 別れました  (イエテボリ大学に留学している2名の大学生ありがとう!)




夕食の時間まで フリータイムとなり スーパーマケットや


ショッピングモールなど 歩いて散策しました


後でスマホの万歩計を見たら 20,000歩以上歩いてました


ずっと 運動不足だったので  良い 運動になりました




DSC_0216.jpg 

イエテボリ駅の ロータリーにある オブジェです

スウェーデン版 「見ザル 言わザル 聞かザル」





DSC_0238.jpg 

スパーマケット内の グミやキャンディーの量り売り

手前から 奥まで 全部です




DSC_0239.jpg 

その中で この 歯ぐきグミが 目に入り

約 300g 買っちゃいました


ちなみに

とても美味しかったので 後日また来て 700g 買っちゃいました




  



  続きは


  
 アダプテーション魂の旅 in スウェーデン・イエテボリ vol4 にて
  



  



facebookへ のリンクも下に貼りました


是非 「いいね」を ポチっとお願いします♪


Ai・wel の facebook のページ 
   Facebook2.png

Ai・wel のホームページ 
http://www.294kuruma.com

Auto-adapt社(スウェーデン)の製品の
日本国代理店専用ホームページ
http://www.driving-aids.jp/    



 
 

 

 




福祉車両研修  | 【2012-06-30(Sat) 08:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

アダプテーション魂の旅 in スウェーデン・イエテボリ vol2

前回に引き続き 


アダプテーション魂の旅 in スウェーデン・イエテボリ vol2です



2日目は 午前中に 3つのワークショップがありました


10時前に coffee break があったのですが


ちょっと小腹がすいたので・・・・ といった具合で食べる大きさのものではなく


「これ食ったら 腹いっぱいだろ」 と突っ込みたくなるような大きさの


デザートを諸外国の方々は 食べていました


恐るべし・・・  さすがに 私は飲み物だけにしておきました



DSC_0186.jpg 
シートやシートベルトの安全性を試験する装置です  ♪


DSC_0183.jpg 
その他 たくさんの 安全試験を行う 部屋です ♪



DSC_0187.jpg 


DSC_0228.jpg 

この マークが物語っているとおり ”安全”というのが

強調されていました

  「普段使用するときの 安全」

  「万が一の時の 安全」

  「製品をつける時の 安全」

「この3つの安全が 商品開発時に 忘れてはいけない事です」と言う事を

担当スタッフが説明してくれました





DSC_0190.jpg

Lunchをはさんで


パネルディスカッション(参加者とauto-Adapt社の各担当責任者)を行い


最後に 真っ赤なアウディで トップのピーターが 入場してきました


スピーチの入場まで こんな演出があるとは・・・・


さすがです 






JURNY TO THE FUTURE partⅢ の最後の夜は


イエテボリの港から無人島へ チャーター船で行き パーティーをしました


初めて参加した 私達は どこに連れて行かれるのかわからず 


船に揺られること2時間以上

DSC_0192.jpg 


船の上でも パーティーへ向けての 演出があり


無人島へ到着です  


到着すると すでにパイレーツの格好に変装した


auto-Adapt社のスタッフが 待っていました



そして


私達も 全員 パイレーツ姿に変装し 顔も靴墨を塗り


パイレーツパーティーがスタートです


DSC_0194.jpg 

 


DSC_0204.jpg 




DSC_0198.jpg 




DSC_0207.jpg 



この無人島についたのが だいたい18時過ぎ


そこから約6時間 食べて 飲んで 踊っての パーティーでした


トップのピーターが先頭になって 飲んで 踊って 楽しんでました


それにつられ 他のスタッフや世界各地から来ている 参加者も


汗だくになって 踊っていました   



ちなみに


ホテル戻り ベッドに入ったのは 午前3時ごろです 



この2日間の auto-Adapt社の もてなし方は


私達も 見習わなければいけないと 強く感じました


トップが先頭になって 楽しんで場を盛り上げて


沢山の演出で もてなす


「日本のおもてなし」とは また一味ちがう 「スウェーデンのおもてなし」を


体験させてもらいました  こういうところから 「アダプテーション魂」が生まれてくるのだと・・・



 続きは

  
 アダプテーション魂の旅 in スウェーデン・イエテボリ vol3で
 






facebookへ のリンクも下に貼りました


是非 「いいね」を ポチっとお願いします♪


Ai・wel の facebook のページ 
   Facebook2.png

Ai・wel のホームページ 
http://www.294kuruma.com

Auto-adapt社(スウェーデン)の製品の
日本国代理店専用ホームページ
http://www.driving-aids.jp/    



 
 

 

 




はじめに | 【2012-06-29(Fri) 08:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

アダプテーション魂の旅 in スウェーデン・イエテボリ vol1

こんにちは Ai・wel のマガリヤマです

今回は ”アダプテーション魂の旅”をおおくりします


実は6月3日~10日までの1週間

2年ぶりに スウェーデンのイエテボリにある auto-Adapt社へ行ってきました


今回も 成田空港-コペンハーゲン空港経由-イエテボリ空港 という経路での旅です

私の他に 日本から5名の参加で かなり熱い旅になりました

ちなみに 今回は世界各国から auto-Adapt社のディーラが集まって

新商品の紹介や8つのワークショップでの研修が行われました

その名も

”JOURNEY  TO THE  FUTURE part Ⅲ "

今回で3回目です(私達日本からは初めての参加です) 



DSC_0163.jpg 

イエテボリ空港で最初に出迎えてくれたのは

volvo社の大きな看板と volvoでした



DSC_0166.jpg 

「アダプテーション魂inスウェーデン」の宿泊地になった

”ゴシア タワー ホテル”です イエテボリで1番の高層ビルです

道路を挟んで 反対側には 遊園地の ”リサ ベリ” があり

夏休みを利用した 子供連れの家族が 沢山宿泊してました

 
全ての”JOURNEY  TO THE  FUTURE part Ⅲ "の参加者は

このホテルに宿泊していました 



ホテルにチェックイン後

夕食をとるために 街へ出かけて パスタとピッツァを

食べたのですが 日本時間の夜中の1時ぐらいに食べたため

最終日まで 胃薬が離せませんでした



福祉車両 スウェーデン研修1-2 


DSC_0170.jpg 


DSC_0175.jpg 


翌朝 チャーターバスで ホテルからauto-Adapt社へ向かいました

auto-adapt社のスタッフのほぼ全員と 握手をし会場へ入りました


ここで

スタッフが 寸劇を見せてくれるのですが

製品の 説明ではなく

「この製品を使うと このような生活が創造できる可能性があります」というように

あくまでも 人間からの視点でつくられた 寸劇でした

台詞はほとんどなく 無声映画のように 身体や顔の表情のみの演出ですが

何を言いたいかというのが とても伝わってきました




DSC_0181.jpg 
auto-Adapt社の日本担当 ヨナスと私(同い年です)



DSC_0180.jpg 
auto-Adapt社の テクニカル担当 ヤルコと私(同い年です)



DSC_0182.jpg 


初日の夜は ”ゴシア タワー ホテル” に戻り

パーティーが行われました

とても 盛大な パーティーで あっという間に時間が

過ぎてしまいました


パーティー終了後

ヨナスに「go to heaven」と

言われましたが ”heaven”(天国)に行くほど 飲まされてしまうと思い

へたれな 「私は 今夜は部屋で 休みたい」と断ってしまいました・・・

翌朝 エレベーターの 最上階の表示を見ると

”HEAVEN” と書いてあり ヨナスが言った意味が

「heavenに飲みに行こうぜ~」だった事に 気づいたのです


  続きは 後日

  アダプテーション魂の旅 in スウェーデン・イエテボリ vol2 で・・・





facebookへ のリンクも下に貼りました


是非 「いいね」を ポチっとお願いします♪


Ai・wel の facebook のページ 
   Facebook2.png

Ai・wel のホームページ 
http://www.294kuruma.com

Auto-adapt社(スウェーデン)の製品の
日本国代理店専用ホームページ
http://www.driving-aids.jp/    



 
 

 

 




福祉車両研修  | 【2012-06-28(Thu) 16:44:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ダイハツ テリオスキッド 助手席回転シート改造

またまた ブログの更新が 遅れていました


「ホームページ」「ブログ」「ツイッター」そして


「facebook」 すべてを使いこなして 個人的な事や仕事の事について


情報発信出来ている人は すばらしいですよね~


自分は 一つ何か新しい事を追加すると 他の事がおろそかになってしまいます・・・



まぁ こんな感じで ブログ更新が遅れている 言い訳を させていただきました ^^





今回 紹介する改造事例は


「ダイハツ テリオスキッド  助手席回転シート」です


外傷性の頸椎損傷の60代前半の男性が相談者でした


基本的に奥様が 介助しており 通院だけではなくて 


「普段の日常生活の外出も ご夫婦一緒に出かけたい」とのご希望です


当初 車いすから助手席への移乗は 


「スライディングボードを使って・・・・」とのことでしたが


奥様 おひとりで移乗介助できるように


今まで慣れ親しんだ テリオスキッドを ベースに 助手席回転シートへの


改造を 提案させていただきました


頸椎損傷とはいえ 支えがあれば 立位がとれるとのことで


回転シートへの改造を 行いました



ダイハツ 福祉車両 テリオスキッド 回転シート 201203-01 



ダイハツ 福祉車両 テリオスキッド 回転シート 201203-02 



東北地方も


まだ 寒い日が ありますが  これから暖かい日が増えてきます


ご夫婦一緒に お出かけできる日が 1日でも多くなる事を 願っております





facebookへ のリンクも下に貼りました


是非 「いいね」を ポチっとお願いします♪


Ai・wel の facebook のページ 
   Facebook2.png

Ai・wel のホームページ 
http://www.294kuruma.com

Auto-adapt社(スウェーデン)の製品の
日本国代理店専用ホームページ
http://www.driving-aids.jp/    



 
 

 

 




ダイハツ テリオスキッド 回転シート | 【2012-05-18(Fri) 14:47:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 福祉車両 あい・うぇる ブログ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   

PING送信プラス by SEO対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。